にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村

さて今日は昨日の続きを解説しようと思います。

昨日は
RSIが所定のレベルになった時に逆張りのサインを出すインジに書き換えてみましたが、今回はストキャスのメインとシグナル線がクロスしたらサインを出すようなインジに改造しようと思います。

昨日の記事の続きなので、まだ見てない人は「インジケータのススメ」を先に見てから今日の記事を御覧ください。



昨日書き換えた部分をこのように書き換えます。
/*
b4plusdi=iADX(NULL,0,ADXbars,PRICE_CLOSE,MODE_PLUSDI,shift+1);
nowplusdi=iADX(NULL,0,ADXbars,PRICE_CLOSE,MODE_PLUSDI,shift);
b4minusdi=iADX(NULL,0,ADXbars,PRICE_CLOSE,MODE_MINUSDI,shift+1);
nowminusdi=iADX(NULL,0,ADXbars,PRICE_CLOSE,MODE_MINUSDI,shift); 
*/
int K_Period=5; //iStochastic関数で使うK期間 int型宣言して5を代入
int D_Period=3; //iStochastic関数で使うD期間 int型宣言して3を代入
int Slowing=3; //iStochastic関数で使うSlowing int型宣言して3を代入
double st_main0=iStochastic(NULL,0,K_Period,D_Period,Slowing,0,0,0,shift);//現在のストキャス メイン
double st_main1=iStochastic(NULL,0,K_Period,D_Period,Slowing,0,0,0,shift+1);//1本前のストキャス メイン
double st_signal0=iStochastic(NULL,0,K_Period,D_Period,Slowing,0,0,1,shift);//現在のストキャス シグナル
double st_signal1=iStochastic(NULL,0,K_Period,D_Period,Slowing,0,0,1,shift+1);//1本前のストキャス シグナル
if (st_signal0<st_main0 && st_signal1>st_main1)//1本前ではシグナルよりメインが下 現在ではシグナルよりメインが上 つまりゴールデンクロスしたという意味   
{
val1[shift]=Low[shift]-5*Point;
}
if (st_signal0>st_main0 && st_signal1<st_main1)//1本前ではシグナルよりメインが上 現在ではシグナルよりメインが下 つまりデッドクロスしたという意味
{
val2[shift]=High[shift]+5*Point;
}

インジを作成する時は実際にチャートにストキャスを出して、パラメータも全く同じに設定してみることが大切です。

思ったところに矢印が出ていなかったら、どこかまちがっているのでコードを見直してみましょう。

自分でインジケータを作れるようになってくるとだんだん楽しくなってきますので、どんどん上達します。

頑張って作れるようになりましょう!




にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ

にほんブログ村

ブログ記事、動画を見た感想、質問・相談・疑問点など受け付けています。

ブログ右上の「まっさんへのメール」から何でもいいので

お気軽に送ってください。

あなた様からのメールをお待ちしております。 

あなた様からのメールは動画のネタにしてしまうこともあるので、

ネタにして欲しくない場合はその旨メールにご記載ください。